再現料理 昔の料理 調べたこと

[メモ]オートミールとキュケオーンの違い

投稿日:2018-08-30 更新日:

有楽町駅前の「穀物繊維倉庫」にて、オートミールの材料のオーツ麦フレークの試食とちょっと説明を受けたので、メモします。下記の記事と合わせてお読みください。

[メモ]ポリッジとはなんぞや

穀物繊維倉庫@有楽町交通会館

 

 

 

 

オートミール

オーツ麦(Oats、えんばく/燕麦)が材料。

麦を加熱・潰して、平たいフレークにした状態のオーツ麦を煮て作る

photo credit: sweetbeetandgreenbean oats via photopin (license)

フレーク状態のオーツ麦は一度加熱されているので、この状態でも食べられる。恐らく蒸してロールにかけて潰したもので、ポリポリとした歯ごたえがある。(材料はフレーク以外の状態も使われる)

パンやクッキー等の焼き菓子に混ぜて焼いたり、サラダやスープやヨーグルト等のトッピングにしたりもする。

photo credit: yummysmellsca Fresh-Frozen Cranberry Cookies via photopin (license)

試食説明をしてくださった店員さんいわく「噛むと独特の粘りが出るため、好き嫌いが分かれる」。この粘りが煮た時のとろみになるのではと思います。

味も、同フレーク加工の大麦は淡白でしたが、オーツ麦は風味がありました。(同加工のライ麦は香ばしい風味)。

 

 

 

 

 

キュケオーン

大麦が材料で、丸麦だったり粉にしたものを使う(と考えられている)。本によっては炒った大麦、とも。

基本的には大麦を煮て作る。

予想ですが、古代の料理なのでオートミールみたいに「蒸して・潰して・煮る」という工程を経るのは難しかってのではないかなあと。

 

フレークか丸麦か、麦の状態の違いで、おそらくは煮たあとの汁の状態とか食感に差が出るのではと思います。

あとは麦の種類の違いで風味が変わってくるのだと思います。

大麦は煮てもとろみはあまり出ないので、基本的にはさらりとした仕上がりになります。

そのため、「すすって飲んだ」という記述を重視した「古代ギリシア・ローマの料理とレシピ」の作者の方は、煮るととろみの出る小麦粉粥(カルタゴの富裕層の粥)をキュケオーンとして推測・紹介しました。

 

 

 

 

-再現料理, 昔の料理, 調べたこと
-,

このブログの管理人

このブログの管理人のすずきです。
エジプトめしについて調べていたらなんだか項目がたくさんになったのでブログにしました。
WordPress初心者なので表示が変になってたらおしえてください!
(ただし対応できるとは限らない)

連絡先